レトロな街、門司のとある小さな看護学校。様々な年齢層の学生が、准看護師目指して邁進中!

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

門司区医師会看護高等専修学校

お電話でのお問い合わせ 093-321-2120

福岡県北九州市門司区清滝5丁目3番5号 

本文のエリアです。

在校生の声

第60回生 竹内 裕靖

私は今、門司区医師会看護高等専修学校で、医学知識や看護援助など様々な事を学び、充実した学生生活を過ごしています。
様々な年代のクラスメイトと共に協力し演習を行ったり、グループワークを行い、わからないなかでも一生懸命に考え学んでいます。
教員や先輩方との距離が近く、困っている時は必ず声をかけていただき、一緒に考えて下さるので、安心して勉強や演習を行うことができています。また休憩時間に先輩方と一緒に過ごすほど、学校全体が仲が良く楽しい学校生活です。                                                                                                                   私は40代男性で、看護学校に挑戦するのも最後のチャンスだと思い今回入試に挑みました。「勉強についていけないのではないか?」「若い人達と同じクラスでやっていけるのか?」という不安がありましたが、入学してからはその思いがどこかに吹き飛んでいきました。                                         戴帽式・実習・准看護師試験をクリアできる様に、クラスメイトと力を合わせて2年間頑張っていきます。

第60回生 F.K

社会人生活を経て、もっと学びたいという思いで受験をしました。35歳での入学だったので勉強についていけるか不安でしたが、同じ目標を持ったクラスメイトと一緒に年齢の差を超えて毎日楽しく学ぶことができています。
先生方も親しみやすく主体性を重んじながらも准看護師になるために必要な知識や大切なコトを丁寧に指導してくださいます。
まだ学生生活は始まったばかりですが、初心を忘れずにしっかりと知識を身につけ頑張っていきたいです。

第60回生 A.K

私は社会人経験を経て門司区医師会看護高等専修学校に入学しました。久しぶりの学生生活に不安もありましたが、今では楽しく学校生活を送っています。
学校では看護をするために必要な、身体の構造や機能、疾患、看護の基礎を学んでいます。
これからもっと学ぶ内容も増えていき、実習などの実践的な学習も待っています。決して簡単な道のりではありませんが、親身になって教えて下さる先生方や同じ目標を持った仲間と支え合いながら日々勉強をし、看護師を目指していきたいです。

ページトップへ戻る